パパ活でトラブルに合わない為に知っておくべきこと

MENU

パパ活でトラブルに合わない為に知っておくべきこと

パパ活におけるトラブルの避け方とは?

パパ活をしてく上でのトラブルの避け方

 

いまパパ活をしている女性はとても多いと言われています。
私もパパ活をしている時に、トラブルに気を付けていました。
ちなみに、私はパパ活は出会い系サイトを利用していましたが、その際やはり大事なことは、
個人情報はもらさないようにするという点です。

 

出会い系サイトの中でも、会員数が多いサイトを使っていました。その方が自分の理想的なパパを探すことができると思ったからです。実際いくつかのサイトに登録しましたが、会員数が少ないところは、出会いがほとんどないのです。
私は都内なのでそこまで少なくなかったのですが、もし地方でパパ活をされている方でしたら、
地方の会員はかなり少なくなりますので、それだけ出会いの数も少ないということになります。
条件的にも理想と離れていることもありますし、妥協しなければ会えないということもあるでしょう。
また、老舗と言われているような大手で長く続いているサイトの方が安心です。
トラブルの原因となる一つとして、悪徳なサイトに誘導されてしまうということもあります。
これは男性側に多いのかもしれませんが、サクラは必ずいて、サイト側もパトロールをしていても、
引っかかってしまう場合がありますので気を付けましょう。

 

パパを探すことが成功したとしても、会うまではあまり自分の個人と特定されてしまうような話、できるだけ電話番号なども
知らせないようにしましょう。
会うまではサイトの私書箱を使っていた方が安心かもしれません。
今は、電話番号で家の住所などの個人情報も調べることができるのです。
ストーカーになられてしまっても困りますので、信頼できる方だとわかるまでは、そういった情報はできるだけ言わないようにしたほうが良いかも知れません。
トラブルの避け方は色々ありますが、一番大事な事です。

 

パパ探しはトラブルになってしまうこともある

 

パパ活をしていて、パパになる方本人とのトラブルも気を付けなければなりませんが、
それ以外にもあります。
それは、出会い系サイトなどを利用した際に、だれが見ているのかわからないということです。
たとえば、自分の知り合いに見られていた場合、これもかなり低い確率にはなりますが、
もし、個人と特定される写真などをのせていた場合、パパ活をしているとばれてしまうことで、
噂になってしまったり、あまり良いことは有りません。
もちろん、だれが見ているのかわかりませんので、場所が特定されたり、どこの人で、だれなのかということも
わかってしまうような内容での投稿は絶対しないようにしましょう。

 

トラブルの避け方としては、やはり個人情報の管理です。
アドレスについては、フリーメールなどでしたらまだよいのですが、携帯のアドレス、
また電話番号などは、会うまでは教えない方が良いです。
悪用されてしまったり、電話番号から住所や名前など調べられてしまうこともあります。
本当に信頼できるお付き合いができるようになってから、教えるようにしましょう。

 

パパ活の方法としては、やはり出会い系サイトが1番効率が良いです。
多くの中から自分で選ぶこともできますし、デートクラブのように敷居が高いということもありませんので、
女性側からしても探しやすさ、効率の良さからいっておすすめです。
しかし、そこにはトラブルの原因となってしまうこともありますので、くれぐれも個人情報の扱いについては
気を付けるようにしましょう。
会う前から、好きになられてしまい、ストーカーになってしまうということもなきにしもあらずです。

 

もちろんそんな男性は、パパとしては不適切なのですが、人を見極めるということもとても大事なので、
心にとめておくようにしましょう。

パパ活掲示板をする上での上手な利用法と注意点とは?

掲示板の利用法と1番大事な注意点について

 

不景気ということもありますが、パパ活をしている女性は今とても多いです。
やはり、普通に働くよりも効率が良いということもありますし、大人の恋愛をしたいという方も多いのです。
もちろんそれは秘密がからんでくることですので、友達であれ、あまり周りの方には口外しない方が良いです。

 

さて、パパ活をする上で、そのツールとして出会い系のサイト、掲示板を利用するという方法がいちばん手軽かも知れません。
多くの男性も登録していますので、条件に合う方を見つける、またこちらからアプローチをするということもできますので、初めてパパ活をされる方でも成功しやすい傾向があります。
男女比でいっても、女性よりも男性の方が多いこともあり、女性の方がパパを見つけやすいということもあります。
女性の年齢としては、10代を求める男性もいますが、意外と20代の方も人気があり、まれに30代や40代の熟女を求める方もいますので、あまり自分の年齢を詐称しない方が後々のために良いでしょう。
女性からしますと、若い方が需要があるのではないかと思う方もいますが、写真とあまりに合致していないとその時点でアウトです。
さらに、落ち着いた女性を求める男性もいますし、好みやタイプというのもひとそれぞれですので、自信を持ってプロフィールを書いていきましょう。
書き方などもいろいろありますし、写真をどう厳選するかということもありますが、条件についての書き方として、やはり1番重要な注意点としては、金銭がからむようなばればれの書き方はしないようにしましょう。
これはサイト側から削除の対象とされてしまうことがあります。
隠語で書いたりすると通りますが、そういった具体的な話というのは、できれば掲示板ではなく、個人的にメールをする関係になってから提示した方が良いでしょう。

 

パパ活をする上でやはり気を付けた方が良い注意点

 

出会い系の掲示板というのは、登録さえすれば誰でも見られるというところがほとんどです。
そこからプロフィールを開いたり、メールのやり取りをするとなりますと、男性側はポイントが発生してくるわけですが、
掲示板に載せる時の注意点として、あなたと特定されるような写真であったり、文章は載せないことです。
パパ活でのサイト利用法としては、掲示板に載せて相手からの返信を待つということもできますし、また逆に相手が掲載しているところから探すということもできます。
顔バレなどをしたくない、また知り合いに絶対ばれたくないという場合には、そちらの方法でこちらからアプローチをしていく方が良いかも知れません。
やはり、これだけ大勢利用しているのだから大丈夫だろうと思っても、ネットの世界は怖いものです。
パパ活はやはり、人にはばれたくないことですし、できればこういった手段で行った方が安心です。

 

また、サイト以外でも、デートクラブというところに登録をして、よりハイレベルの男性と知り合うということもできます。
勿論こちら側のレベルも求められるわけですが、面接で通ることができれば、出会うことができる可能性はかなり高くなります。
こちらは待つことしかできないのですが、もし自分の容姿、そして会話などに自信があるようでしたら、デートクラブでパパ活をしたほうが、レベルの高い男性と知り合うことができるかもしれません。

 

それよりも、もっと早く、そして近場であったり都合がマッチする相手を探したいという場合には、やはり地域なども絞れたり、
条件を探しやすい掲示板を使った方が手軽かも知れません。
どちらもメリットデメリットが違いますので、ニーズに合わせて利用していくと良いでしょう。
男性の方が利用者が多いので、見つかりやすい傾向があります。

デート中にパパに体の関係を求められた時の断り方

いくら身体の関係なしでと、最初から伝えていたとしても何度もデートを重ねていくと距離が近くなってきます。手をつないできたり、体を触ってきたりスキンシップが増えてきたら要注意です。
パパ活で難しいことのひとつに、身体の関係を自然に避けるようにすることがあげられます。
はっきりと「そういうのはイヤ」と言ってしまうと気分を害してしまうし、開き直って攻撃されては危険なので難しいところです。スキンシップが増えてきたら嬉しい素振りは決して見せないことがポイントです。
「手をつなぐだけなら大丈夫!」というならば問題がないのですが、そこで気持ちが悪いと感じるならばすぐに手をほどいてトイレに行くなど言葉にしなくてもわかるような行動をすることが無難です。
パパ活では弱気は禁物です。気を遣っていることを悟られないようにしないと、付け入られやすくなってしまいます。
スキンシップを避けることで不機嫌にされたり、「もっと近づきたい」というような言葉でアピールしてくるかもしれませんが揺るがないことが重要です。がっかりされたからといって、相手に合わせたらエスカレートします。
スキンシップがひどいならば、用事を思い出したなど適当な言い訳を考えて途中で帰ってしまってもいいです。
相手を切る覚悟で徹底してしまいましょう。それが、パパ活のトラブルを避けることにもなります。
切ってもいいと思うことができれば、我慢して関係を維持しようと思わないので、イヤなことをする必要がなくなります。
経済的に余裕がある相手だと、損得を考えて迷ってしまいますが潔い態度でいることが身体の関係を避けるためには効果的だということを実際に感じました。万が一、我慢して妥協して身体の関係を持ってもパパでいてくれ続ける保証は
ありません。それなら、しない方が損がないのです。

 

パパ活中では、身体の関係を求められることは頻繁に起こることなので、「そういうものだ」と意識しておくことが大切です。ただ、重たく覚悟することはないと思います。構えてしまうと断るときにぎくしゃくしてしまって、気まずい思いをしてしまいやすいのです。
軽く「そういうものだ」し、「身体の関係を持つのは絶対イヤ」と思っておくことが、深刻にならずに済みます。
そのような態度でいるとパパに身体の関係を求められても迷うことなく、さらっと断ることができます。
ホテルに誘われても「したくないし」と言えるようなキャラクターをつくりましょう。迷わないことがポイントだと思います。
性的なものに恐怖を感じていることを伝えてもいいでしょう。「身体の関係を持つのは怖いから年上の守ってくれる人が好き」と不自然に感じられない説明を用意しておくといいでしょう。
相手は好きだけど身体の関係を持つこと自体が好きじゃないという態度ならば、プライドを傷つけることなく断ることができます。
「婦人科の病気を抱えている」「触られると気持ち悪くなる」といったような言い訳も使いやすいでしょう。
パパ活は自分を通すことが成功するためには必要だと実感しました。
無理しても利益があるとは限らないし、しつこく誘って落とすまでを楽しみたいと考えているかもしれないので、関係を持てばそれで相手を満足させられるとは限りません。キャバクラにありがちなように、関係を持ってしまったらおしまいということもあるので、どうしてもイヤなのにしつこいなら切ってしまう覚悟を持った方がいいです。
パパ活は条件を譲ってしまうと、どんどん相手有利になっていきやすいので、断固として譲らない覚悟を持って
、そのためにはどうしたら逃げられるか、ストーリーを設定しておくと便利です。
許されるようなキャラクターを設定してなりきってしまいましょう。